RMTを頻繁に行っているとされているのが、ラグナロクオンラインです。このゲームはゼニーという仮想通貨を利用して、露店でアイテムや装備を購入することができます。この露店で販売されているアイテムを購入するためには、多額のゼニーをつぎ込まなければならず、あまり手に入らないこのゲームでは、相当重要なものとなっています。
かなり前からRMTが横行しているゲームでもあり、とにかくゼニーを得るために売買が行われている現状があります。運営側はしっかりと対応を強化していますが、RMT専用のサイトすら登場している始末なので、いかにゼニー不足で悩んでいるユーザーが多いのかを示しています。自分で貯めるのは面倒なくらいのゲームシステムを採用しており、放置をして稼ぐことも非常に大変なことから、RMTを利用した方が相当早いとまで言われているくらいです。ゲームバランス的な問題もありますが、やはりユーザーが金を出した方がいいという状態になっているのも事実だと思います。
ゼニーはモンスターを倒して手に入れるものではなく、実はモンスターがドロップしたアイテムを売却しなければ手に入りません。これが一番の問題点であり、ドロップしたアイテムが大したものではないと、高い金額で売却できないのです。RMTに走る理由として、ゼニー自体の入手経路が非常に狭い上、アイテムをドロップしても全く価値のないものばかりが出てくるといった問題があります。多くのユーザーがRMTを利用するのは、こうした理由が大きいと思われます。

ではゼニーを手に入れて一体何を購入するのか、これは気になる所です。RMTにまで走ってゼニーを得る理由として、消耗品と呼ばれるアイテムを大量に確保するということがあります。アイテムは1度利用すると消えてしまうので、必要な物は大量に残しておかなければなりません。これを露店で購入する際にはゼニーが必要なので、RMTで補充して大量に買うという選択が多くなっています。
勿論強力なアイテムを1つ購入しておき、いざという時に利用することもあります。売られているアイテムは様々であり、時に相当凄いものが販売されていることもあります。取引にはゼニーがどうしても必要なので、アイテムを確保するためには多額のゼニーを用意しておかなければなりません。このゲームがRMTだらけになっているのは、アイテム自体の価値が上昇し続けていることも要因となっています。

常にアップロードが来て、様々な物が導入されるラグナロクオンラインですが、逆に言えばRMTに走らせる要因が生まれていることも事実です。お金の取引が自由にできるゲームだったことも、RMTに拍車をかけてしまった要因となっています。ゼニーをモンスターから得られるようにしておけば、そこまで影響は出なかったと思いますが、アイテムからしか手に入らない状態を作ってしまったが故に、多くのユーザーに現実通貨を使わせていることは事実です。ゲーム的に仕方ないこととは言え、多くのRMTサイトが出ている現状は考えるべきでしょう。